人は変われと言われても変われません。

ましてや頭ごなしに変われと言われたら反発するだけでしょう。

「変われ」という人

昔の上司に「お前はダメだ。変われ。」と言われたことがあります。

「変われ」とは何に変わるのでしょうか。

「変われと言う側」は、イメージしている姿があって「あるべき姿に変われ」と言っているのでしょうが、「変われと言われた側」はその姿がわかりません。

 

それでは、

何に変わらなければいけないのか?

なんで変わらなければいけないのか?

どうやって変わらなければいけないのか?

いつまでに変わらなければいけないのか?

これをわかりやすく説明されたらどうでしょうか。

それでも変わらないでしょう。

それは、他人に決められた「あるべき姿」だからです。

 

「自分を変える」とは、他人の期待する姿になるのではなく、自分のありたい姿になるということです。

そのためには、自分のありたい姿をとことん明確にし、そこに向かって最大限の努力をする必要があります。

自分を変える「きっかけ」になる問い

「自分を変える」ために自分と向かい合うことは本当に大切なことなのですが、20代の頃の私は気づきませんでした。

そして誰かに「自分と向き合え」と言われても理解できなかったでしょう。

結局は、自分で感じて、気づいて、動き出すしか方法はありません。

 

そこで、自分を変える「きっかけ」になればと思い、少々厳しい内容ですが、いくつかの質問を用意しました。

1 寿命が50歳ならば、どういう生き方をしますか?

2 経験しないで、分かったつもりになっている人は好きですか?

3 毎日をただ過ごしているだけと感じていませんか?

4 自分の意志で生きていますか?生かされていますか?

5 今日したことで覚えていることは何ですか?

6 自分の感覚に素直に生きていますか?

7 夢中になれる仕事と何も感じない仕事、どちらを選びますか?

8 理想の姿になれる可能性があれば、挑戦を10年間続けられますか?

9 失敗から学んだことを思い出せますか?

10 失敗から学んだのに、なぜ今失敗を恐れるのですか?

11 今までの人生で最もつらかったことは何ですか?

12 本当に大切にしたいものは何ですか?

13 今決意していることは、自分のためですか?誰かのためですか?

14 明日死ぬとしたら何を後悔しますか?

15 今やらないならば、いつやりますか?

ルーティンをつくる

何かを感じた方、何かに気づいた方は、次は行動に移しましょう。

まずは、何でもいいのでルーティンをつくりましょう。

お勧めは、

・早起き(6時くらいを目安)

・早寝(23時くらいを目安)

・毎朝行動リストを見る

・自炊

・筋トレ

・ストレッチ

・家計簿

・食事のカロリー計算(タンパク質、糖質、脂質のマクロ栄養素を計算)

などです。

 

何かをやり続けることで、「やればできる」という自分に対する自信が生まれます。

「やればできる」という自信を持つと、自分を認めることができるので、自分と向かい合いやすくなります。

自分と向かい合うというのは、自分の素直な気持ちを知るということです。

素直な気持ちを大切にすると、きっと視界が変わりますよ。

自分を変えたいと思っている方は、まずはここから始めましょう。