先日の打ち合わせの一コマ

「サイト見ましたよ。いいですね。でもあれはまだ仮の状態ですよね」

「そ、そうですね…少しずつですかね…はは…」

仮ではない。

綿密に計算した(つもり)うえでの作りだったが、これが仮の状態とはどういうことだろう。

税理事務所のサイトと比較する

早速、税理士事務所のサイトと自分のサイトを比較してみました。

・〇〇税理士事務所というサイトと、〇〇ブログというサイトを分けているパターン

・〇〇税理士事務所というサイト内で、ブログやニュースを書いているパターン

・〇〇税理事務所というサイトで、ブログなどの発信情報はないパターン

共通していることは、税理士事務所のサイトは、固めに作ってあること。

崩したイメージ、社員の仲がいいイメージを打ち出しているサイトもあるが、クライアントから見たらどうだろう。

やはり少し固いくらいのサイトのほうが、しっかりやってくれそうなイメージはある。

ブログはサイト自体を分けている人は、自分をさらけ出している人が多い。人となりが分かる。

税理士事務所のサイト内ブログでは税金や税理士の記事を書いていることが多い。

自分のサイトはというと、

タイトルが、

税理士 畠山亮洋.com

すでに税理士事務所を名乗っていない…

そして、トップページにブログを配置。

「仮の状態」というのは、事務所のサイトではなく、ブログの延長線のサイトという位置づけで捉えられたからなのかもしれない。

事務所のサイトとして打ち出す必要がありそうだ。

その場合、事務所のサイトは固すぎず崩しすぎず、ブログなどの情報発信で人となりを伝えるのが、私にはあっているような気がする。

なにはともあれ、早速リニューアルしました。

トップページをHP寄りにする。

今のところ、サイトタイトルを変更する考えはないし、ブログ用としてサイトを2つに分けることも考えていない。

となると、今のサイトでHP寄りにするには、トップページを変えよう!となりました。

最初のスライド画面には、自分の一番伝えたいことを書きました。

・お金がすべてではないけど、お金がなければ事業は継続できない

・夢や想いを実現させるには、攻めて前に進むしかない

・後ろを守るのは税理士、税理士はお金・税金・経理のプロフェッショナル

クライアントへのメッセージとともに、自分へのメッセージでもあります。

私自身が経営者になって、理想と現実のバランスをとりながら毎日過ごしています。

お金や夢の相談を本音でできる相手がいたら、とても心強いものです。

そして、すぐに写真撮影を行いました。

お金がすべてではないけど、お金がなければ事業は継続できない

これは、新札で撮影したかったので、郵便局で新札への両替をお願いしました。

ちなみに5千円の新札は、郵便局に入ってこないらしいです。

5千円のみ新札ではないけど、綺麗なものを用意してもらいました。

夢や想いを実現させるには、攻めて前に進むしかない

この足。

私の足です。

近所の土手で撮影しました。

道の真ん中に、三脚付きの自撮り棒を置いて、リモコンでシャッターをきりました。

このアングルからご想像できるように、まわりから見たら相当変な奴です。

視線をひしひしと感じながらも撮影を終え、自宅に戻ってPCで確認すると、大問題が見つかりました。

毛が半端じゃない…

オリジナルはカラーですが、とてもサイトのトップページにもってこれる写真ではありませんでした。

でも、個人的には気に入ったアングルの写真なので、なんとか使いたくて加工しました。

後ろを守るのは税理士、税理士はお金・税金・経理のプロフェッショナル

これは税理士バッジをつけての撮影でした。

やはりバッジをつけると、引き締まる気がします。

でも、外で税理士バッジをつけている人は、ほとんど見ないのですよね。

なんでだろ。

この写真をパワポでメッセージを挿入して、ペイントに貼り付けて完成です。

仮の状態というのは、あながち間違っていない

なんだかんだで、満足のいくリニューアルができました。

結局、打ち合わせの次の日にはサイトをリニューアルしました。

意思決定スピードと行動スピードは、ひとり税理士ならではの武器です。

リニューアルして思ったことが、これが完成形ではないということです。

世の中も自分も日々変化し続けているのだから、サイトも変化していくのが自然な流れです。

そう考えると、「仮の状態」というのは、ある意味、的を得ているのかもしれない。