「忙しい」という言葉。

これは一種のアピールです。

忙しいアピール

私は会社員時代、「忙しい病」でした。

朝7時出社で終電帰り、土日も出社。

毎日忙しくしていました。

そしてもれなくアピールしていました。

 

当時の感覚は思い出せませんが、「忙しいアピール」をして認めてもらいたかったのでしょう。

恥ずかしいことに、露骨に嫌な対応をされるまで気づきませんでした。

それからは忙しいという言葉は使っていません。

「忙しい」で自分をアピールするのは悲しいです。

自分の器の小ささを自分で露呈してしまっているのですから。

 

忙しいということは、それだけ自分をコントロールできていないことです。

本当に忙しい人は、忙しいと言わないし、自己投資を惜しみません。

しかし、昔の私のように、いつも忙しいと言っている人は、自己投資をしている時間もないと言います。

本当にそれでいいのでしょうか。

「忙しい人生から抜け出す=人生を変える」というと大げさですが、実はすぐにでも始められます。

手放す

手放す。

これは人生においてキーワードとなります。

やめる、捨てる、断る、離れるとも言えます。

・タバコなどの悪習慣をやめる

・自分が成長しない従来の仕事を捨てる

・違和感のある依頼を断る

・愚痴や悪口ばかり言っている人から離れる

どうでもいいことに時間を使わないということです。

手放せば必ず時間が生まれます。

手放すことに躊躇するのをやめましょう。

一旦手放してしまえば、今まで自分が意味もなく使っていた時間の大切さに気づきます。

 

今日からできる最も簡単で、かつ効果がすぐに表れることは、「ネットを見ない」ことです。

目的があるとき以外はネットを見ないと決めましょう。

特にSNSとYouTubeは、時間がみるみる奪われます。

そしてSNSとYouTubeを見ることが習慣となり、なんとなく接続しているのが当たり前になってしまいます。

現代で最も中毒性のあるもののように思います。

SNSもYouTubeも得られるものがあればいいのですが、なんとなく見るというのをやめましょう。

面白いがゆえに、中毒性も強いです。

そして時間だけが失われます。

慎重派の私がはまった計画づくり

私は慎重派です。

1日1個新しいことにチャレンジし、新しい経験をすることに躊躇しないと意識して過ごしていますが、ナチュラルな行動派の方と一緒にいると、決断と行動スピードの速さに驚きます。

そして、ナチュラルな行動派の方は、自分の決断や行動が速いとは思っていないようです。

意識していないと、どんどん置いていかれる一方です。

 

特に、計画を立てるときに痛感したことがあります。

行動派の方と、あるプログラムを一緒に取り組んだときに、私はノート1冊分思考を書き出して計画を練っていたのですが、その方は自分が大切だと思う要点のみを抽出して計画し、すぐに実行に移っていました。

その方からしたら、いつまで考えているのといったところでしょう。

 

計画する間も、人生の大事な時間を使っています。

その間も、どんどん時間は流れていきます。

実行に移す時間が延びれば延びるほど、時間を失います。

思考するのは楽しいことでもありますが、私のようなナチュラルな慎重派は、行動スピードを速くして、若干フライング気味かなと思うくらいがちょうどいいです。

 

手放し、行動スピードを上げれば、スケジュール通りの実行が少しずつできるようになります。

その過程でタイムマネジメントの意識も強くなります。

そして自然と「忙しい」という言葉を使わなくなります。