プロフィールをご覧いただくとお分かりいただけるのですが、

私、31歳と38歳のときに、会社を辞めています。

悩みまくったのが、辞める年の1年前の、30歳と37歳のときです。

本当に考えすぎて、悩みすぎて、闇の中を手探りで進んでいる状態でした。

ほんとにしんどかった。

あのときの理想の姿になった今の私が、当時の私にタイムマシンに乗って会いに行ってみたいと思います。

武器は探すのではなくつくる

ウィンウィンウィン、ドガシャーン!

 

30畠 うわっ!なんだ!

 

プシュー!

 

39畠 やあ。過去の俺。私は未来のお前だよ。

 

30畠 ……確かに同じ顔だ…

でもその髪型…シチサン……

 

39畠 35歳からこの髪型になる。

今やっている髪型はもうすぐできなくなるよ。

 

30畠 えっそうなの?やっぱり……

 

39畠 う、うん。残念ながらね。

 

30畠 そもそもだけど、なんでいきなり登場したの?

 

39畠 うん。お前は人生で2回猛烈に悩むときがある。

悩みすぎて、ほんとに大丈夫かっていうくらい悩む。

その1回目が今だよ。

なので、いろいろと聞きたいことがあるんじゃないかと思ってね。

 

30畠 聞きたいことは特にないって言ったら

 

39畠 あっいや、それは困る(オドオド)

 

30畠 じゃあ教えてほしい。

将来どうなってるのかな?

 

39畠 税理士になって開業してるよ。

あと、会社の代表取締役になってる。

 

30畠 えっ!嘘…

 

39畠 うん。信じられないかもしれないけど、そうなる。

 

30畠 そっかぁ。今こうして悩んでいる時間は無駄じゃないんだ。

 

39畠 人生に無駄なことはないと言ってしまえばそれは嘘になるけど、

無駄をきっかけにして何かを得ることができれば無駄なことではなくなるよ。

 

30畠 でも税理士かぁ。考えてもみなかったな。

税理士なんて雲の上の存在というか、選択肢にも入ってないんだよね。

今はとにかく自分の武器を探しているところで…

 

39畠 いくら探したって自分の武器なんて見つからないよ。

 

30畠 えっ

 

39畠 だって今、武器ないでしょ。

武器は誰にでもあるっていうのは嘘だよ。

武器を持てる可能性は誰にでもあるっていうのが正しい。

でも今ないものはない。

そこに山積みになっている自己啓発本をいくら読んでも見つからないよ。

それに自分の才能に自分で気付く人は限りなく少ないと思うよ。

 

30畠 そんな…

じゃあどうやって独立するんだよ。

独立するには、自分の武器を活かさないと失敗するって書いてあるよ。

それになんでそのビジネスをするのか理由が必要なんでしょ。

 

39畠 残念ながら今のお前に武器はない。

まずは、しっかり自分と向き合って、自分を認めることから始めるのがいいよ。

まずはというか、これがすべてとも言える。

自分の武器って「できること」「人より秀でていること」だよね。

今のお前は、できることを考える前にすることがある

そして、今から数ヵ月後にひとつの答えを出すよ。

「ひとりの力で自由に生きていきたい」と。

これが理由になる。

そのためには、誰しもが知っている武器が必要だ。

だから税理士を目指す。

武器があるから、それにあわせて独立するのではなくて、ありたい姿とやりたい仕事を実現するために武器をつくるんだよ。

 

30畠  そっかぁ。武器は探すのではなくてつくるのか…

でも、自由に生きていきたいって、理由になっていないというか、なんか格好悪いというか。

独立して失敗する例に書いてあるし……

 

39畠 うん。

理由になっていないという人も、格好悪いという人もいるだろうね。

でも、これがお前の本心であり、譲れないものなんだよ。

自分らしく生きるのに誰かの許可はいらないよ。

それと、独立して失敗するかどうかなんて、やってみなければ誰も分からないよ。

 

30畠 ……

 

39畠 これからの1年は試練の1年だよ。

今までの人生、サラリーマン家庭に生まれ育ち、サラリーマン街道を真っすぐ進んできたよね。

でもここから先は、お前が初めて自分の意志で動き出す。

初めてリスクを取ったともいえる。

動き出すまでに人より時間はかかって、苦しい思いをするけど、乗り越えられるよ。

 

30畠 ありがとう。

 

39畠 うん。

そろそろ時間だから行くね。

あっそうだ。言い忘れた。

その育毛剤効果ないよ。

 

30畠 そ、そんな…(ガクーン)

 

39畠 あと、会社辞めるときに衝撃的なこと言われるけど、気にしちゃダメだよ。

 

30畠 えっなんて言われるの?

 

39畠 正気じゃ…あっ

 

ウィンウィンウィンプシュー!!

 

ふぅあいつ大丈夫かな。

まあなんとかなるか。

よし、次に行こう。

理想の姿を真剣に考える

ウィンウィンウィン、ドガシャーン!

 

37畠 うわっ!なんだ!

 

プシュー!

 

39畠 やあ。過去の俺。私は未来のお前だよ。

 

37畠 ……確かに同じ顔だ…

(イーロンマスクはタイムマシンに乗って現代に来たっていう記事があったな…

本当に未来の俺かも)

39畠 あっもうシチサンになってるね。

しばらくはその髪型続くよ。

 

37畠 えっそうなの。

 

39畠 うん。

トレードマークになりつつある。

 

37畠 ところで、なんでいきなり登場したの。

 

39畠 実はこれで2回目なんだけど、お前は人生で悩みまくって大変な時期がある。

その2回目が今だよね。

 

37畠 ドキッ!

う、うん。30歳のときは、悩んで苦しんで出した答えが、「ひとりの力で自由に生きていきたい」だったんだ。

そのために税理士を目指しているんだけど……

 

39畠 本当は34歳で税理士になっている予定だったのに、まだなれていないと。

 

37畠 うん。このまま受からないんじゃないかと思って…

税理士法人では管理職になって、辞めづらいポジションになってしまったし…

会社に迷惑かけられないし…

みんな同じように朝から晩まで頑張ってるし…

それに親に心配かけられないし…

 

39畠 自分を犠牲にしても誰も喜ばないよ

みんなのためにって思うことは大切なことだけど、

それを自分が動かない理由にしてるんじゃないの?

 

37畠 !!(認めたくないけど、確かにそうかもしれない。楽なほうに向かう理由にしているのかも…)

 

39畠 結論から言うと、お前は税理士になって開業する。

 

37畠 えっほんと!

 

39畠 でも税理士法人に勤めている間は、試験に受からない。ひたすら落ち続ける。

 

37畠 そうか。落ち続けるんだ……

 

39畠 夜明け前が一番暗い。

多くの人があきらめる中、あきらめずに闇の中を進み続けた人が、結果として成功する。

明けない夜は決してない。

 

37畠 ジーン

 

39畠 あっこれ将来のお前の奥さんから言われる言葉だよ。

もうすぐ出会うから。

 

37畠 えっ結婚するの!

 

39畠 うん。税理士試験の前日にするよ。

 

37畠 税理士試験の前日に結婚?ありえないよ。

税理士試験はそんなに甘い試験じゃないよ!

 

39畠 そして、その年に官報合格する。

 

37畠 ほんとに……

 

39畠 うん。

辞めた年に受かるよ。

税理士試験に合格するまでは、辞められないって思ってるでしょ。

それは、税理士受験時代の大いなる勘違いだな。

 

37畠 リスクを取るってこと?

 

39畠 辞めるときの選択肢はいくつかあるんだけど、結果としてリスクを取ることになる。

それが合格までの最短距離だと気付くから。

今を全力で生きるコツを掴むようになるよ。

 

37畠 そっか。

薄々は気づいていたんだよね。

このままじゃダメだって。

でも、この年で仕事辞めて税理士試験に専念して、もしダメだったらって考えちゃうんだよね。

やっぱり不安だよ。

 

39畠 ちなみに税理士法人を辞める2ヶ月前に会社の代表取締役になるから無職ではないよ。

 

37畠 えっ!社長になるの?

 

39畠 うん。もう少しすると、税理士業以外でもチャレンジしたい仕事が見えてくる。

税理士試験に合格していないのに独立してしまうけど、なんとかなるよ

 

37畠 そっか。でもなんだか信じられないな。

話が現実的じゃないというか…

 

39畠 うん。そうだろうね。

普通じゃないだろうね。

 

37畠 なんかきっかけがあったの?

 

39畠 お台場に引っ越したのがひとつのきっかけだね。

 

37畠 お台場?そんなとこに住むの?高いよ!

しかも会社辞めるんでしょ。

 

39畠 未来よりも今を大切にするようになるからだよ。

やりたいことは今すぐやるようになるよ。

 

37畠 …そうなんだ…

独立するってどんな感じなの?

 

39畠 独立して会社員時代との違いを振り返ると、やっぱり独立してよかったと思うよ。

今までやったことがないことに挑戦するのは不安だけど、自分の理想としている姿に近づいていくのは、なにものにも変えられない楽しさがある。

ここに独立の醍醐味を感じるようになるよ。

楽ではないけどね。

 

37畠 そうかぁ。理想の姿に向かうのか。

理想の姿を真剣に考えてみようかな。

 

39畠  うん。それがいいよ。

まずはとことん自分と向き合ったほうがいい。

30歳のときに、とことん自分と向き合ったと思うけど、

37歳になるまでに、いろいろと変化しているからね。

じゃあそろそろ行くね。

これからもう少し苦しい日が続くけど、それを超えたらきっといい人生になるよ。

 

37畠 ありがとう!

 

39畠 あっ言い忘れた。

そのめちゃくちゃ高い育毛剤効果ないよ。

 

37畠 そ、そんな。これが最後の頼みの綱だったのに…(ガクーン)

 

ウィンウィンウィンプシュー!!

ふうこれで大丈夫だろ。

少しは役に立てたかな。

 

 

ウィンウィンウィン、ドガシャーン!

 

39畠 うわっ!なんだ!

 

プシュー!

 

39畠 眩しい。なんだ。

!!

そ、そんな、その髪……

 

50畠 ニヤリ(ピカーー!)

 

 

 

おしまい