アートに触れるようにしています。

新しいカテゴリーを経験するためです。

新しいカテゴリー

アートといっても、絵画や彫刻のようなTheアートだけを指すのではありません。

自分がインスピレーションを感じるものであれば、アートとしています。

・だるまアーティストとだるま作り

・シルクドソレイユ キュリオス

・劇団四季 ライオンキング

などです。

自分の経験したことのないカテゴリーを積極的に取り入れていきましょう。

そのとき感じたものと、今までの知識や経験が合体すると新しい発見があります。

 

当ブログのロゴはだるまと税理士バッジの組み合わせです。

デザインは自分でしました。

「カテゴリー」と「行動」を分解する

・だるま作り
カテゴリーは「絵」、行動は「描く」

・シルクドソレイユ
カテゴリーは「サーカス」、行動は「観る」

・ライオンキング
カテゴリーは「ミュージカル」、行動は「観る」

 

絵は「描く」のが好きなのであって、「観る」のはそこまで好きではありません。

一方で「観る」のは好きだけど、「描く」のは好きではないという方もいます。

 

サーカスやミュージカルは「観る」のが好きなのであって、「演者」にはなれません。

一方で「観る側」ではなく、「演じる側」が好きな人もいます。

 

絵というカテゴリーでは「観る」のは好きでないのに、サーカスやミュージカルでは「観る」ことが好きなのです。

自分が「どのカテゴリー」に対して「どの行動をとる」のが好きなのかが分かってくると視野が広がります。

そして、新しいカテゴリーを経験すると、さらに視野が広がります。

「カテゴリー」と「行動」を組み合わせる

カテゴリーと行動の組み合わせは、やりたいことが分からない人が、何かを見つける「きっかけ」にもなります。

やりたいことを見つけるために大切なことは、特殊能力があるかどうかではなく、「その行動が好きかどうか」です。

自分が好きな行動であれば、まわりより劣っているものでも、ありふれたものでも構いません。

描く、観る、書く、話す、考える、撮る、集めるなど、自分がどの行動をとるのが好きなのか意識してみましょう。

 

同時にカテゴリーも意識しましょう。

どんな内容でもいいです。

アート、エンタテイメント、IT、動物、語学、料理、スポーツなど、本当に何でもいいです。

「仕事にならない」「お金にならない」の問題は一旦置いて、興味があるものをピックアップしましょう。

 

そして、カテゴリーと行動を組み合わせます。

好きなカテゴリーと好きな行動の組み合わせで、選択肢は増えます。

例えば、「教える」という行動が好きな人は、

・学校⇒学校の先生

・英語⇒英会話の先生

・経営⇒コンサルタント

・トレーニング⇒パーソナルトレーナー

というカテゴリーと結びつけることができます。

 

カテゴリーと行動を複数組み合わせることも可能です。

行動「教える」

カテゴリー「英語」「子供」

⇒子供のための英会話

 

このように考えていくと、自分の好きなことを明確にすることができます。

自分の興味のある「カテゴリー」や「行動」が多くない方は、今までに経験したことのないカテゴリーを経験してみましょう。

選択肢は無限にあります。

楽しみましょう。