過去の口癖を振り返り、今の口癖と比較すると、まったく違います。

意図的にやめた口癖があり、意図的に始めた口癖があるからです。

口癖を直すのは簡単ではない

ネガティブな口癖をやめて、ポジティブな口癖にしようと言われています。

しかしこれはなかなか難易度が高いです。

精神状態を表す口癖

つらい精神状態、モヤモヤしている精神状態が続くと、ネガティブな口癖がでます。

会社員時代、嫌な思いをしているときは、ひどい口癖がありました。

根源をなんとかしないと口癖を直すのは難しいでしょう。

なんとなく使っている口癖

自分では意識していないから、そもそもネガティブ・ポジティブといったことを考えません。

誰かに指摘されても、受け入れられるかは疑問です。

自分で気づく日が来ないと、ずっと口癖のままのような感じがします。

意図的に修正した口癖

私が過去に修正した口癖のケースです。

人の振り見て我が振り直す

口癖「でも」

いつの頃からか口癖になっていました。

相手を否定するつもりで使っていたわけではないのですが、第一声が「でも」で始まる人と一緒にいて、違和感がありました。

なんだかずっと否定しているような感じがする…

自分の中で他意はなくても、相手にとっては心地よくない口癖です。

自分と同じような口癖の人を見て、自分も他の人に同じようにしていると気づきました。

環境を変えた

口癖「×××(書けない…)」

我慢していること、抑えていることが、長い間うまい具合に消化できないと、口癖となって言葉に表れます。

まさに言霊です。

無意識で口にしていて、「はっ!」と気づくこともありました。

そのときのひどい口癖は何種類かありましたが、環境を変えた途端になくなりました。

このタイプの口癖は、精神状態と密接な関係があります。

毎日、口にしていると更によくない状態になります。

付き合う人や働く環境を変え、心が乱される根源から距離を置きました。

3つだけ意図的に口癖にした

口癖「なんとかなる」、「ありがとう」、「どうしたい」

何かあったときにも、反射でこの口癖がでてくるようにしたくて意識しました。

「なんとかなる」

できない、厳しい、難しい、キツイなどが口癖だと現実もそうなります。

一方でなんでもかんでも「できる」と言い切るのも私にはしっくりきません。

そこで、「なんとかなる」です。

正確には「なんとかする」のですが、「なんとかなる」のほうが好きです。

 

「ありがとう」

これは、褒められたときや感謝されたときに、その気持ちを素直に受け止めるためです。

自分が常に発している言葉は、誰かに言われても自然に受け入れることができます。

褒められたときや感謝されたときに、「いえいえ」と返していましたがやめました。

 

「どうしたい」

何か物事を思考するときに、「どうしようか」というワードがいつも頭に浮かんでいました。
これを「どうしたい」に変えました。

「どうしようか」と悩むのではなく、「どうしたい」と自問自答することで、自分の望んでいる選択をするようになります。

まずは口癖を知ることから始める

なんとなく無意識で使っている言葉を書き出してみましょう。

意外と多いかもしれません。

会話をするときにでる口癖は、言葉を発する前にワンテンポ置けば、でなくなります。

そして日々、自分の発する言葉に意識を向けていると、その口癖はなくなります。

ひとりでいるときにでる口癖は、内容を意識してみましょう。

それが、自分のリズムや自己暗示のようなものであればいいのですが、あまりにもひどい内容であれば、その根源を見直しましょう。