生命保険のスーパー営業レディにお会いしました。

御年76歳。

業界歴38年の超ベテランです。

その仕事楽しいですか?

そのスーパーレディは、38年間で一度もタコの月がないそうです。

つまり、38年間毎月必ず1件以上の契約を取っているということです。

私も営業会社で7年間、ひたすら営業をしていましたが、毎月必ず契約を取るというのは、すさまじいことです。

というかあり得ないレベルです。

営業つながりの話だと、OA機器で上場している会社の所長とお話したときも、営業時代は15年連続目標達成をしていたとおっしゃられていました。

お二人とも異次元のレベルです。

そんなお二人に同じ質問をしてみました。

 

「仕事楽しいですか?」

 

お二人ともほぼ同じ答えでした。

 

「楽しくはないけど、嫌じゃない」

 

ある一定レベルまでいくと、こういう答えになるのかなと。

 

自分の20代、30代を振り返ると、結局、仕事って自分の気持ち次第だなと思うのです。

楽しい仕事、楽しくない仕事があるのではなくて、自分がどう感じるか次第。

だから「楽しくはないけど、嫌じゃない」というのは真意のような気がします。

 

仕事自体が楽しいのではなくて、その仕事が自分に合っているということです。

天職という言葉がありますが、大げさなものではなくて、こういうことなのかなと。

税理士は天職か?

私は、税理士が天職か問われたら、

天職のうちのひとつ

と答えます。

 

私の場合は、譲れないものがひとつあります。

ひとりの力で自由に生きていく

この想いを満たせる仕事であれば天職になる可能性があります。

そして、天職になるかどうかは、実際にやってみるしかないです。

 

税理士はやってみて、楽しいときもそうではないときもあるけど、自分に合っていると感じるので結果として天職だと思っています。

やってみなければ分からないって、よくよく考えると当たり前のことですよね。

やらなくても正確に先が読めるのであれば、誰も何も悩みません。

 

世の中では、

天職を見つけよう

ワクワクすることを仕事にしよう

大好きなことを仕事にしよう

みたいなフレーズがあふれています。

それだけ、一見キラキラしている仕事を求めている人が多いのでしょう。

そういう私も、天職探しをしていた時期があります。

探している間は見つかりませんでしたが…

結局のところ、天職かどうか、自分に合っているかどうかは、やってみなければ分かりませんよね。

シンプルな天職の見つけ方

仕事がというか人生がつまらなくなりかけていた私が、どのようにして天職(自分に合っている職)を見つけたかというと、ポイントは2つです。

 

1 譲れないものを見つける(自分の軸、コアになる)

2 実際にやってみる

譲れないものを見つける(自分の軸、コアになる)

1の譲れないものは、ポジティブではなくネガティブから気づくことができました。

嫌で嫌でたまらないものの裏にありました。

自分のコアを探すときは、幼少時代の想いを大事にしましょうみたいな記事を目にしますが、これは人それぞれかなと。

私は幼少時代に何を大切にしていたのかを、そんなに思い出せませんでした…

 

いずれにしても、自分と向き合って、

本当は何が好きで、何が嫌なのか、

何がしたくて、何がしたくないのか、

どうなりたくて、どうなりたくないのか

をはっきりさせる必要があります。

 

ここが曖昧だと、仕事で嫌なことがあったときに、すぐにブレます。

逆に自分のコアとなる部分がしっかりしていると、実際にやってみてやっぱり合わないとなっても修正ができます。

まずはここをはっきりさせましょう。

実際にやってみる

2の実際にやってみるは、小さくやってみるのがセオリーです。

1日だけ30分毎日やってみるとか、

休みの日だけやってみるとか、

です。

私は今、ちょこちょこ試しているものがいくつかあります。

少しずつやるのは、いくつも同時に試験できるのがメリットでもあります。

 

一方で、税理士を目指したときは、どうだったかというと、セオリーとは逆で、一点集中でリスクを取りました。

短期間で税理士になりたかったので、小さく少しずつやっている時間がありませんでした。

税理士の仕事内容もよく分からないまま、会社を辞めて税理士を目指していたので、今になって思うと、税理士の仕事内容が自分に合っていたというのは、ある意味、運的要素が強かったと言えます。

こういう運的要素も含めて、最終的には実際にやってみるしかないんですよね。

 

20代の頃は、天職ってもっとキラキラしていて、これしかない!みたいのを想像していたのですが、少々違ったようです。

天職って意外と地味なものですよ。

 

このことを、ひとり士業歴12年の方に話したら、

「時の経過とともに自分も変化するので、天職だったものも、いつしか天職ではなくなるときがくるのかもしれませんね。」とのことでした。

深い。