メンがヘラりかけたときに、いかにバランスを崩さずに、通常の状態でいれるか。
バランスを崩しても、いかに早くバランスを取り直せるか。
このメンタルバランスは、ひとりで仕事をするにあたり、特に注意しているところです。

パターン化しておく

仕事に感情を持ち込まないで、マシーンのようにこなしていた時期もありましたが、実に面白くないのでやめました。

好き嫌いの感情を大切にして仕事をしています。

とはいえ、感情の起伏が激しすぎると仕事になりません。

感情を大切にしつつも、フラットな気持ちで仕事をする。

これが目指している姿のひとつです。

嫌なことが全く起きないことはあり得ないので、嫌なことが起きたときに極力ブレないように、どう向かいあうかパターンを決めています。

嫌なことが発生

まずびっくりする、そしてなんとも言えない気分になる

リセットする

原因をしっかり見る

何かに気づく

すっきりする

大体この流れに当てはめるようにしています。

いい気分になってから考える

リセットする

原因としっかり向かい合う前に、「リセット」することで、自分をいい気分にします。

下記のいずれか(複数の場合あり)のアクションをした後に、いろいろ考えるようにします。

なので、嫌なことがあってもすぐに考えないで、数時間寝かせることになります。

・ジムに行く

・整体に行く

・マッサージに行く

・浴槽につかる

・全身ストレッチをする

などです。

嫌なことがあっても、自分をいい状態にする術を知っていると、バランスが崩れにくくなります。

原因をしっかり見る

何が嫌だったのかを徹底的に掘り下げます。

嫌なことは考えない、すぐに忘れる、というのは私には適した方法ではありません。

以前、「雲のようにフワフワと受け流すのが、できるビジネスマンなんだ!」とチャレンジしたことがありますが、余計にストレスが溜まりました。

「嫌ポイント」をはっきりさせておかないと、なんで嫌なのか、なにが嫌なのかが曖昧になり、「なんか嫌い」、「なんとなく嫌だ」となります。

これでは何も変わりません

何かに気づく

そして「何かに気づく」ことができれば、気持ちの整理がつき、すっきりします。

どうすれば嫌ことが発生しなかったのか、

それは自分の行動次第でどうにかできたことなのかを考えます。

自分の行動次第でなんとかできたことならば、次回からその行動をとってみる。

大抵のことはこれで納得しています。

一方で、自分の行動次第でなんとかできないことならば、自分の問題ではないので、これ以上考えるのはやめる。

ここで嫌なことを忘れます。

「好きなこと」と同じくらい「嫌いなこと」も大切にする

私が、嫌なこと対策をしっかり練っているのは、2つ理由があります。

ひとつは、メンタルバランスを崩さないようにするため。

もうひとつは、嫌なことは成長するきっかけになるからです。

・図星のことを言われて悔しい

・サービスに満足してもらえない

・ショックなことを言われる

などの、きっかけがなければ、自分の改善点には気づきにくいものです。

一生懸命やっているけど、相手に伝わらない。

これでは意味がありませんが、ひとりで仕事をしていると意外と気付きにくいこともあります。

そんなときに、「きっかけ」があれば、気付くことができます。

「好きなこと」と同じくらい「嫌いなこと」も大切にすると、新たな発見があります。

ただ、そうは言っても、嫌なことは嫌だし、イラっとくることもあります。

そうなったときに「自分を気分よくする術」を何パターンか持っておくと楽ですよ。