他人を優先して自分を後回しにしているうちに手遅れになります。

何を最優先する?

・他人を中心に考えてしまう

・家族を養わないと

・会社に迷惑をかけられない

・親に心配かけられない

・上司に叱られる

・できないやつと思われたくない

人のことを考えるのは素晴らしいことだし、人目が気になるのは普通のことです。

でもそのために、後悔するのでしょうか。

人のせいにするのでしょうか。

苦しみ続けるのでしょうか。

自分の人生を最優先に考えてみてはいかがでしょうか。

 

会社員時代は、毎晩深夜帰宅で限界でしたが、みんなやっているから自分もやらなくてはと思い込んでいました。

結果、体を壊して、できる人たちに任せればよかったと気づきます。

しかもできる人がやったほうが効率的です。

自分勝手な考えと思う反面、こんな考え方もあると気づきました。

 

他人に配慮することは大事なことです。

でも優先順位があります。

自分を犠牲にするのはほどほどにしましょう。

自分を犠牲にしないコツ

自分で決めたルールを守る

自分を犠牲にしてまで他人との約束は守るのに、自分との約束は守れない。

自分を大切にしていないと、自分より他人重視になります。

・朝早く起きようとしているのに、起きれない。

・ジョギングしようとしているのに、走れない

・ダイエットしようとしているのに、食べてしまう。

最初のうちは、「ついつい」と言っていられますが、自分を裏切り続けると、いつしか自己嫌悪に陥ります。

他人に裏切られるのと、自分に裏切られるのは、どちらも同じです。

自分との信頼関係を築きましょう

感情を大切にする

好き嫌いをはっきりさせましょう。

感情むき出しで、他人にぶつけるということではありません。

自分の気持ちを「否定しない」で、どうしてそういう気持ちになったのかを「理解する」ためです。

この好き嫌いを、押し殺したり、見て見ぬふりをしたままでいると、いつの間にか他人中心でしか物事を考えられなくなります。

マイルールとリストをつくる

自分で決めたルールを守り、感情を大切にするには、マイルールとリストを作りましょう。

最初は10個以下で、難しくないもの、かつ具体的なものにしましょう。

最初から難しいとルールを守れなくなり、抽象的なものだと自分でもよく分からなくなります。

 

お勧めは「いたしませんリスト」です。

「やりたいこと」よりも「やりたくないこと」のほうが、より自分の気持ちを明確に表すからです
自分の感情を大切にするには、最適なツールです。

リストは最初のうちは、起床後と就寝前に見ることをルーティンにしましょう。

リストを日々確認しないと、ルールを忘れます。

ルールを忘れては、ルールを守ることはできません。

 

他人を優先して、人間関係で苦しんでいるのであれば、こういう考え方もあります。

以前、車のCMで「私のラブは誰かの悲しみだったり」というワードを聞きました。

人は自分なりの常識を身に着けています。

人によって様々です。

同じ人間というくくりでも違う生き物のように。

それでもお互い認め合い、すり合わせながら生きているけど、どうしようもない人もいます。

これは別の生き物だと思いましょう。

そして逃げましょう。

自分を犠牲にしても、誰も喜びません。