他の人と比較して、なんだかモヤモヤするしイライラする、なんとも言えないうらやましい嫌悪感、それは嫉妬です。

嫉妬の正体

嫉妬する人はカッコ悪いとか、ネガティブのイメージとして捉えられていますが、嫉妬の裏に隠れているものは自分が望んでいることです。

やりたいことや、好きなことはうらやましいと思う気持ちと繋がっています。
そして、自分にもできると感じているものに対して嫉妬します。

 

年収1,000億円の世界的に成功している人には嫉妬しないけど、年収1,000万円の自分のまわりにいる人には嫉妬する。

上場企業の社長で成功している人には嫉妬しないけど、ひとり社長で成功している人には嫉妬する。

努力すれば届くかもしれないという思いが、私たちを嫉妬させます。

嫉妬しているだけでは始まらない

私はサラリーマン時代、夢を追いかけている人や独立、起業している人に嫉妬していました。

「大人になったほうがいいよ。」

「失敗したら取返しがつかなくなるよ。」

とかどうしょうもないことを言っていました。

この言葉は私が会社を辞めるときに、言われる側になりました。

 

その嫉妬の裏にあったものは「自分の人生を他人に依存しないで、自分の力で生きていきたい」という思いです。

しかし、嫉妬を感じたときは、その裏側には気づきませんでした。

まず「負けた」そのあとに「自分のほうがすごいのに」と感じていました。

でもそんなこと人には恥ずかしくて言えません。

 

そして嫉妬の裏側にある「自分が望んでいること」に気づかないと、嫉妬は行き場をなくし悪口や陰口に変換されます。

嫉妬しているだけでは何も始まりません。

嫉妬を未来につなげる

他の人と比較して、なんだかモヤモヤするしイライラする、なんとも言えないうらやましい嫌悪感を感じているならば、それは嫉妬です。

そしてその裏には自分のやりたいことが隠れています。

自分と向き合って、嫉妬していることを認めるのはキツイのですが、真剣に自分と向かい合うことで、自分が本当に望んでいるものを気づかせてくれます。

 

嫉妬することはカッコ悪いことではなくて、やりたいことを見つけるきっかけになる感情です。

「いいな~」

「くそ~」

「自分にもできる」

と感じたら、その対象をしっかりと見ましょう。

どんな人のどんなところに嫉妬感じているのか。

どんな人のどんなところが、自分のやりたいことと重なっているのか。

これが分かると、嫉妬は悪口や陰口に変換されず、向かう方向が明確になりエネルギーに変換されます。

嫉妬を感じたらチャンスです。

やりたいことを実現する力に変えていきましょう。