バックアップをどうしようか考えていました。

何をどこにどうやってバックアップするのだろう。

意外と分かっていませんでした。

バックアップになっていない

今までは扱う情報も少なかったので、USBメモリを使っていました。

パソコンには極力データを入れず、USBにデータを入れていました。

しかしこれでは、バックアップになりません。

USBが壊れたら終わりです。

これは外付けのHDDでも同じです。

 

データが「通常の場所」と「別の場所」の両方にあることで「バックアップ」になります。

データをパソコン本体以外のUSBや外付けHDDにのみ保存している場合、パソコンが壊れたときには有効ですが、USBや外付けHDDが壊れたときに壊滅的な状況になります。

同じデータが「通常の場所」と「別の場所」の両方にあれば、USBや外付けHDDが壊れても、新しいものを用意してパソコン本体からデータを移せば問題ありません。

パソコンが壊れた場合でも、USBや外付けHDDから新しいパソコンにデータを移せばいつもどおりになります。

どちらかが壊れても、どちらかが補えるようにする必要があります。

バックアップできる媒体

まずはバックアップできる媒体を探しました。

USBメモリ/SDカード

メリット

・容量が大きいものでも安価。

・パソコンに挿入してファイルを移すだけで完了。

・保管場所にも困らない。

 

デメリット

・USBメモリやSDカードは中に電子基盤があり回路が故障することが多い。

・USBメモリは折れて壊れることがある。

・無くす。

外付けHDD

メリット

・大容量の保存ができる

・同じ容量のUSBなどに比べ価格が安い。

 

デメリット

・HDDも機械なので、故障の可能性は当然ある。

クラウドストレージ

メリット

・大規模なサービスであれば、故障の心配はない。

・インターネット上にデータを保存しておける

・パソコン、スマホなど複数の媒体からアクセスできる。

・オンタイムで同期される

 

デメリット

・無料で使える容量には制限がある。

・大容量を使用したい場合には有料になる。

・セキュリティ面で懸念点あり。

 

ざっくりまとめると

・USBメモリやSDカードはデータの移動用なので長期保存には向いていない。

・HDDは大容量保存ができ一般的だが、故障してしまう可能性もある。

・クラウドストレージサービスは非常に便利だが、セキュリティに注意を払う必要あり。

といったところでしょうか。

パソコンから外付けHDDに自動バックアップ

・USBは長期保存には向かない

・使っていない外付けHDDがあった

・クラウドストレージは大容量を求めると有料になる

ことから、外付けHDDにパソコンの全データを、毎日自動バックアップすることにしました。

外付けHDDに自動バックアップをする

1 コントロールパネルを開く

2 バックアップと復元をクリック

3 バックアップの設定をクリック

4 バックアップ先を指定(外付けHDD)し「次へ」をクリック

5 バックアップするフォルダを自動で選択するか自分で選択するかを選ぶ

自動選択の場合

・デスクトップ

・ユーザーフォルダ

・ライブラリにあるファイル

・システムイメージ

が保存、作成されます。

通常は自動選択でよろしいかと思います

6 スケジュールの変更をクリックし、バックアップする日時を選択

7 保存して終了をクリック

これで指定の時間にパソコンが起動していれば、自動でバックアップが行われます。