会社の車というと、節税のひとつで「4年落ち中古車の購入」が有名ですが、最近は残価設定ローンで新車を購入するケースも増えているようです。

今回は、「残価設定ローン」で会社の車を購入した場合の会計処理について説明します。

そもそも残価設定ローンとは

残価設定ローンの「残価」とは、つまり下取り価格のことです。

この「残価(下取り価格)」を除いた金額を、毎月のローンで返済していきます。

 

残価設定ローンの例

・契約するときの車の価格500万円

・5年後の車の価格200万円(残価は、ディーラーが車種やローン期間により決めます)

・残り300万円を5年間のローンで返済

・5年後に下記の選択ができる

・車を返却する

・違う車に乗り換える(同じように残価設定ローンを組む)

・残りの200万円を払って買い取る(一括かローン。ローンの場合金利が上がる)

残価設定ローンの場合、車の「所有者」はディーラーで、「使用者」が購入者となります。

残価の200万円を払って、買い取る際に自分の所有になります。

このあたりは通常の車のローンと同じです。

残価設定ローンとリースは似ているので注意

残価の200万円を除いた金額を、毎月返済していくので、月々の支払い額は抑えられるのが大きなメリットといえます。

ただし、5年後にあらかじめ契約した走行距離をオーバーしていたり、傷があったりすると、追加料金を払うなどのデメリットもあります。

こう考えると、車を借りているようなイメージですね。

 

車を借りると言えばリースを想定される方も多いと思います。

残価設定ローンとリースは似ているので、処理を間違えないように注意が必要です。

残価設定ローンの場合は、契約書の名称が「リース契約」ではなく「ローン契約」や「割賦販売契約」になっているので確認しましょう。

あくまでも通常の売買契約として、会計処理をします。

残価設定ローンの会計処理

車の頭金を払った時

前払金 〇〇 / 預金 〇〇 頭金

車を購入した時

/ 長期未払金 〇〇 ローンと残価分の未払総額
/ 前払金 〇〇 頭金
車両 〇〇 / 車両本体価格(残価分含む) 課税
租税公課 〇〇 / 自動車税などの税金 不課税
保険料 〇〇 / 自賠責保険などの保険料 非課税
支払手数料 〇〇 / 手続代行費用、資金管理料金など 課税
支払手数料 〇〇 / 検査登録、車庫証明などの法定費用 不課税
差入保証金 〇〇 / リサイクル預託金
長期前払費用 〇〇 / 割賦手数料

・車両は、ローン部分と残価分を合わせた総額で計算します。

・割賦手数料は、購入時に長期前払費用で計上します。

・長期未払金は、未払総額を計上します。

毎月の返済時

長期未払金 〇〇 / 預金 〇〇 〇月分 ローン返済

・毎月のローン返済時に、長期未払金を減少させます。

割賦手数料の償却

支払手数料 〇〇 / 長期前払費用 〇〇 〇月分 割賦手数料 不課税

・毎月のローン返済時に、ローン期間に応じて、長期前払費用に計上した割賦手数料を費用にします。

減価償却

減価償却費 〇〇 / 車両 〇〇 〇月分 減価償却費 不課税

・償却期間6年で減価償却をします。

5年後に「返却」した時、もしくは「乗り換え」した時

/ 車両 〇〇 車両の簿価
/ 車両売却益 〇〇 売却益
長期未払金 〇〇 / 残価設定分の金額 ※課税売上
預金 〇〇 / 差入保証金 〇〇 リサイクル預託金返還 非課税売上

※ 車の残価(下取り価格)で売ったのと同じなので残価の金額に消費税がかかります。

5年後に「買い取り」した時

長期未払金 〇〇 / 預金 〇〇 残価設定分の金額

・未払金の残額を払って、買い取りが完了します。