年末になると思い出すことがある。

税理士になった今の私なら、なんとかできたのだろうか。

飲食店経営はつくづく甘くない

今から8年前、税理士を目指して学校に通い始めた。

お金が底をついて学校に通えなくなるまでは、通学をしていた。

昼ごはんは大抵、自宅から持参したおにぎり2つ。

おにぎりを食べると、昼は外を歩きながら理論の暗記をしていた。

 

学生が多い街だったので、昼時になると一斉に学生だらけになる。

まわりを見渡せば、コンビニ、弁当、牛丼、ラーメン屋が、所狭しと店を構えている。

早い、安い、量が多いので、需要と供給は一致している。

 

そのような中、新しくできた店があった。

こじんまりとしたレストランで、店内が見えるつくりだった。

優しそうな老夫婦が二人で経営していた。

ハンバーグ、グラタン、パスタなどがランチメニューで、単価が大体1,000円ちょっとだったと記憶している。

 

当時、極貧生活を送っていたが、なぜかこのお店で食べてみたいと思った。

節約をして、ついに入店。

味は期待通り美味しい。

そして、老夫婦がとても優しかった。

とても暖かい二人で、いろいろと話を聞かせてもらった。

ご主人が退職をして、退職金で夢だったレストランを二人で始めたらしい。

二人とも、とても嬉しそうだったのを鮮明に覚えている。

 

コンビニ、弁当、牛丼、ラーメンのほうが安いし、お腹いっぱいにはなるけど、それよりも、このレストランに、この老夫婦に魅力を感じた。

お金は無かったけど、一ヶ月に一回くらいは通った。

しかし、座っているのは、いつも私ひとりだけ。

私がお店にいかない日も、テーブルが埋まっている様子はなかった。

 

お店ができてから半年ほど経った日、店の前を通ると店内は真っ暗になっていた。

 

閉店の貼り紙が貼ってあった。

 

毎日通ってお店の売上に貢献するなんてことはできなかったけど、なんだかとても悲しい気持ちになった。

税理士だったらなんとかできたのか

税理士試験受験生の私ではなく、税理士となった私が、もしもあのレストランに通っていたらどうなっていただろう。

 

老夫婦はよく話してくれたので、私も税金やレストラン運営の話をしていただろう。

もしかしたら顧問税理士になっていたかもしれない。

 

そうすれば、あのレストランが救えたか。

 

答えは、分からない

 

私は税理士として、節税、融資、会社運営のサポートはできる。

最善の方法を模索して、提案することもできる。

でも、売上をつくることはできない。

売上をつくる方法を提案できても、それを実行することはできない。

商売をする以上、運的要素も味方につける必要がある。

すべての歯車がうまく噛み合わなければならないので、商売を成功させる難易度はかなり高い。

 

でも、もしもあのとき税理士だったらと思ってしまう自分もいる。

フリーランスの税理士としての立ち位置

税理士にもいろいろいる。

金の切れ目が縁の切れ目というドライに徹している税理士。

損得勘定ではないと言って、過度な感情移入をして自分が疲弊している税理士。

税理士業以外にも、セミナー、講演、執筆、コンサルなどを展開している税理士。

この数年間、いろいろな税理士と接してきた。

いずれにしても、フリーランスの税理士として独立したからには、自分の立ち位置を決めなければならない。

 

私は、先日行った執筆業のように、経験したことがない仕事は、これからも積極的に行いたい。

それと同時に今は、「顧問税理士」という仕事に重きを置いている。

 

税理士業というのは、つくづく特殊な仕事だと思う。

通帳から何から、すべてをオープンにしてもらう仕事が他にあるだろうか。

苦しいときに本音で相談される仕事が他にあるだろうか。

この業界にいると、それが当たり前になるが、そんな仕事は他にはない。

 

そして、すべてをオープンにされたら、「なんとかしたい」という感情にもなる。

当然、無報酬で仕事はできないし、私財を貸し付けることもできないので、「なんとかしたい」というのは、筋違いかもしれないが、それでも多少なりとも気持ちは入る。

 

ビジネスライク過ぎず、過度な感情移入もせず、報酬をしっかりいただき、全力でサポートする。

このあたりのバランス感覚は常に意識している。

それだけ、繊細な仕事なのだと思っている。

 

税理士は万能ではないし、時に無力を感じることもある。

それでも、縁あって顧問税理士になったのならば、全力は尽くしたい。

これが今の、私の立ち位置かもしれない。

 

あの老夫婦は元気でやっているだろうか。