ロールモデルがいるというのは心強いものです。

ロールモデルを見つける

独立するにあたって、恵まれていたことはロールモデルとなる人がいたことです。

・自由に生きていきたい

・自分の力で生きていきたい

という想いはあるけど、具体的にどうすればいいのか分からないという時期がありました。

 

税理士試験に合格するというように、ゴールが決まっているものは具体的に何をすべきか明白です。

しかし、働き方や生き方に明確なゴールはありません。

具体的に何をどうすればいいのか、闇の中を手探りで進むのは勇気がいるものです。

そんなときに、ロールモデルとなる人は道標となります。

最初の一歩を踏み出す大きな勇気を与えてくれます。

 

私が、ロールモデルとなる人を見つけたのは、3年前です。

・こんな人がいるのか

・こういう人になりたい

と強烈に感じたのを覚えています。

当時は、税理士になると決めて食品メーカーを退職し、税士試験の勉強をしながら税理士法人で働いていました。

自分の力で自由に生きていきたいと願っているのに、一方で組織に甘えている自分がいました。

朱に交わって赤くなりかけていたのです。

 

そんなときに、ロールモデルとなる人を、ブログ記事で知りました。

検索ワードは明確には覚えていないのですが、

当時の手帳にロールモデルの名前と「雇われない」「自由に生きる」というキーワードが書いてあるので、こういった検索ワードで見つけたのでしょう。

心の叫びがそのまま検索ワードになっているようです。

ロールモデルを常に意識する

まずは、自分のありたい姿、理想の姿を、とことんイメージしましょう。

自分がどうしたいのか分からないと、ロールモデルも探せません。

そのうえで、

・ありたい姿を実践している

・想いに共感できる

・行動に共感できる

・職業が同じ

・業種が同じ

・メインのスキルが似ている

などがポイントになります。

共感できる点、共通項目が多ければ多いほど、影響を強く受け成長できます。

 

ロールモデルが、ブログ、メルマガ、SNS、YouTubeなどで発信しているのであれば必ず毎日見ましょう。

毎日見て、少しずつでも何かを得ようとすれば、「漠然とした憧れ」から「はっきりした目標」に変わります。

ロールモデルの真似を少しずつする

まずは真似をすることから始めましょう。

その際の注意点として、最初から完璧を求めないほうがいいでしょう。

ロールモデルとなる人は、何年も努力を積み重ねてきて今の姿があります。

それを今すぐすべて真似しようとしても、うまくいきません。

自分との大きな差を感じるだけです。

 

今の自分の状況に合わせて、真似したい、真似できると感じたものから取り入れていきましょう。

やってみて良ければ続ければいいし、自分には合わないと感じるようなら軌道修正をしましょう。

少しずつ試して、日々微調整をして、自分のオリジナルをつくりましょう。