とある会社のマネージャーとの話。

組織の生産性が悪いとのこと。

問い合わせ数、受注率、売上、人員数、人件費などに納得がいかないようです。

生産性を上げるために何を管理する

・組織の場合、規模の拡大や人員増加に伴い人件費と家賃が必然的に上がる

・家賃と人件費を稼ぐには、絶対的にクライアントの件数が必要

・業務量はエンドレスに増え続ける

・トップからの意思決定の伝達速度が遅れる

・当事者意識を持つ従業員の割合が少なくなる(幹部以下はトップの意思がよく分からない)

・管理職から中堅、若手への伝達の際に、トップの意思とは違う内容になる

・調整するための会議が増える

この状態で、生産性を上げるというのは難題です。

 

徹底した時間管理と分業を強化するとのことでした。

確かに分業は、生産性を上げます。

組織ならではの技です。(従業員のレベルが偏ったり、希望の仕事ができないとモチベーションは下がりますが…)

時間管理は、どこの会社でも言われていますが、抜本的によくならないのは、誰かに言われてやっているからのように思います。

私は自分のために行う時間管理ならばいいのですが、誰かに徹底した時間管理をされたら嫌です。

そういえば以前「扱いにくい」と上司に言われたことがあるのを思い出しました。

私みたいな社員がたくさんいると、管理がしにくいのでしょう。

ひとりビジネスの生産性を上げる

組織の一員としての生産性の上げ方と、ひとりビジネスとしての生産性の上げ方はまったく違います。

ひとりビジネスは、人を管理することも管理されることもありません。

すべてを自分で管理します。

誰かに仕事を振るということがないので、工夫しないと時間はあっという間に足りなくなります。

生産性が低いと上司に怒られるのではなくて、生産性が低いと生活に直結します。

 

だから、スケジュール作成、実行、検証を繰り返して、日々微調整しなければなりません。

この期間は「1日単位」です。

1日のスケジュールを自分の理想どおりにつくり、愚直に実行し、1日の終わりに必ず検証する。

この地道な行動を積み重ねて、生産性が上がります。

 

そして個々のスタイルもあります。

朝から晩まで仕事をするのがあっている人もいれば、そうでない人もいます。

ひとりビジネスで生産を上げるには、自分のスタイルを少しずつ確立させていくことが求められます。

私は、スケジュールの基本となる型があります。

その型にあわせてスケジュールを決めます。

もちろんイレギュラーなこともあるのですが、基本軸ができているとブレることも迷うことも減り、生産性への影響が少なくなります。

生産性を上げるのに必要なもの2つ

感情

組織からしたら、いきなり身も蓋もないようなことですが、私は感情を重視します。

私は、嫌な仕事・違和感のある仕事をして、生産を上げられません。

マシーンのように淡々と作業をして報酬を得ればいいのでしょうが、そういう仕事はしていません。

数はこなせませんが、その分提供する内容にこだわります。

自分のやりたい仕事をして、自分を必要としてくれる人にサービスを提供する。

私の中では、これが最も生産性を上げます。

体調

体調管理にはこだわっています。

常に良いパフォーマンスをするには、常に万全の体調にする必要があります。

私は、無理をし続けて体を壊してから気づきました。

不摂生をしていた時期と今の状態を比較すると、集中できる時間がまったく違います。

「徹夜明けの医者に手術をまかせられるか」という言葉はよく聞きますが、自分の体調管理に注意を払わないということは、これと同じことです。

 

会社員時代は、納得のいかない仕事でも、やりたくない仕事でも、選択肢はありませんでした。

そして朝7時から終電まで働き、土日も出勤していました。

心も体もボロボロの状態では生産性は上がりません。

生産性を上げる技の前に、基本となる心と体を整えましょう。